RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
--
>>
<<
--

At the Moment

昭和40年代への誘い 〜〜〜 産業ロック製作所謹製
<< 事件の陰に日本財閥 | main | 国産ガンバル YS-11 と IC ラジオ >>
「平新艇」事件ようやく終結へ
フィリピンのマルコス大統領が来日しました。読売の夕刊1面によると、夫人のイメルダさんやラモス外相ら総勢49人の大所帯で、国賓として10月3日まで滞在予定。ベトナムなど東南アジア問題が協議の中心となるようですね。マルコス氏は、昨年大統領に就任、現在 49歳。若いですね。インドネシアではスカルノさんが政変で失脚しましたが、フィリピンは無事選挙で政権交代。このまま選挙による平和な政権交代が根付くといいのですが。



新聞斜め読み



「「平新艇」事件決着 四人、韓国へ退去 九人は近く北朝鮮送還」
(読売新聞昭和41年9月28日夕刊1面)


「【福岡、下関】平新艇事件を調べていた山口地検と同下関支部は乗り組み員の拘置期限が切れる二十八日朝、亡命を企てた閔庚泰副機関長(三一)ら四人を起訴猶予、監禁されていた白成徳甲板員(一九)ら九人を不起訴にすることを決めた。十三人の身柄は下関入国管理事務所が引き継いで、強制退去させることになり、閔ら四人は同日未明、マイクロバスで福岡に護送、同日午後二時四十五分大韓航空機で韓国に護送された。白ら九人は近く便船で北朝鮮に送られる。」


「歓迎と怒号のウズ 福岡空港 退去の4人やっと出発 「平新艇」で"南北"が騒ぐ」
(読売新聞昭和41年9月28日夕刊11面)


「【福岡】二十八日早朝、抜き打ち的に韓国送還がきまった平新艇の閔副機関長ら四人は、収容されていた山口刑務所下関支所を釈放、下関入管事務所係り員が引きとり福岡入国管理事務所にいったん収容、午前十時四十分さらに福岡空港に護送されたが、この間、送還反対派と歓迎派とが、すさまじい南北対立ぶりを現出、福岡空港ではものものしい警戒陣がしかれた。
福岡合同庁舎前では下関から車であとを追ってきた朝鮮総連の三十数人が、護送バスを降りた四人に「売国ド・・・」とののしりの言葉を投げつけ、四人は係り官に押し包まれるようにしてノートで顔をかくし、すばやく庁内に消えた。ピッタリと閉じた門の前に国旗を押し立てた朝鮮総連の人たちは「日本政府は平新艇と全船員を祖国に返せ」と書いたタスキをかけ、大声で共和国の歌をうたって北朝鮮送還の気勢をあげ、午前八時すぎには福岡市内からも応援につめかけて約八十人にふくれ上がった。
一方、韓国居留民団の代表も午前八時三十分すぎにかけつけ、同庁舎前に総連の国旗とならべて韓国旗を立てようとしたことからもみ合い、双方が旗を引きちぎるなど乱闘、割ってはいった警官をはさんでにらみ合った。
このため入管側も庁舎の正面玄関と裏口、通用口に厳重なカギをかけ、係り員を数人ずつ配属して抗議団の乱入に備えた。鉄筋六階建ての同庁舎は、ヤジと怒号のウズ。少数の民団員はすばやく庁舎裏のあき地に移動、応援を待って、四人が収容されている入管収容場に向かって大声で「安心してください。同胞は、みんなあなたを待っています」と激励した。
朝鮮総連のはげしいヤジを避け、逃げるようにして福岡入国管理事務所にはいった四人は、同事務所六階の収容場でもおびえきっていた。」


ようやく平新艇事件も終わりに近づいたようです。亡命を希望していた4人は韓国へ、残りの9人は北朝鮮へ。南北両陣営の応援団で大騒動の福岡ですが、分断後の半島の主導権争いの激しさを垣間見る感があります。読売の記事では、朝鮮総連のヤジの内容が分かりませんが、朝日では少し書いています。


「四首謀者 韓国へ退去 平新艇事件 強制令書を執行 護送に厳重な警戒 朝鮮総連系が抗議」
(朝日新聞昭和41年9月28日夕刊1面)


「福岡に着いた四人は、在日韓国人から差入れの背広に着替え、密入国当時の紺の工人服、工人帽姿とはうって変った装い。午前五時前、福岡市石城町の福岡港湾合同庁舎六階にある福岡入国管理事務所にいったん収容されたが、同事務所前では、下関、北九州市からあとを追ってきた北朝鮮系の朝鮮人約二十人が車から降りた四人に、つかみかからんばかりの勢いでかけより、朝鮮語で「人殺し」とののしり、護衛の警官ともみ合う場面もあった。
夜明けとともに入管前につめかける北朝鮮系の人たちがふえ、四人の韓国送りを実力ではばもうという動きもあったので、福岡入管事務所は、福岡県警の応援を求め、予定を繰上げ、午前十時四十分、四人を福岡空港事務所横の日本航空仮説待合室に移した。」


警備担当の方は本当にご苦労様でした。



「圧力に屈するな 社党申し入れ」
(朝日新聞昭和41年9月28日夕刊1面)


「社会党の山本国際局長、楢崎青少年局長(同党平新艇事件調査団長)は二十八日午後首相官邸で愛知官房長官と会い、政府が平新艇事件の首謀者四人を韓国へ送ることを決めたと伝えられることについて「韓国の圧力に屈し、犯罪人を擁護するような措置を取るべきではない」と申入れた。
同氏はこの申入れの際「社会党の調査によれば、今回の事件はその背後に韓国の下関領事館が介入している疑いがきわめて強い」と強調した。」


で、盟友日本社会党がさっそく抗議の声をあげています。『犯罪人を擁護するような措置を取るべきではない』と言われても、現下の国際情勢で、亡命希望者を北朝鮮に返すこともできるわけはないので、今回の政府の措置は妥当なものじゃないでしょうか。



「"国際紅衛兵"つくろう 訪中アフリカ人に訴える 北京の紅衛兵」
(毎日新聞昭和41年9月28日朝刊3面)


「【北京二十七日AFP】北京の紅衛兵たちは過去数日間、同市を訪れる外国人のうち、主としてアフリカ人に"国際紅衛兵運動"の創設を訴える小冊子を配っていることが二十七日明らかになった。この小冊子は毛沢東思想を語ったものである。もし、これが中共当局の決定によるとすれば、毛沢東主義国際運動の誕生を告げる信号だとみられよう。(中略)
同パンフレットは国際紅衛兵(紅衛兵インター)のメンバーになる資格として、つぎの五条件を掲げている。
(1)毛沢東主席を世界革命運動の最高指導者として認めること(2)毛沢東思想をマルクス・レーニズムの頂点として認識すること(3)それぞれの国において、毛沢東思想の熱心な指導者となること(4)この思想の支持者を積極的に育成すること(5)革命の勝利へ向かって死をも恐れず闘争すること」


『立て万国の紅衛兵』というワケでしょうか。対象を主にアフリカ人に絞っているところが渋い。まずは、世界中の信号の『赤』を発進の合図に変更することから始めよう。



「盛り場の本命は 警視庁が人手調査 「銀座」か「渋谷」か 生活かけトップ争い」
(読売新聞昭和41年9月28日朝刊13面)


「警視庁交通部は、二十七日午前七時から午後七時まで、都内の交差点百五十一か所で、人と車の通行量調査を行なった。この調査は毎年一回九月下旬から十月初旬にかけての一日をえらんで、都内いっせいに行なう恒例のものだが、歩行者の通行量は、盛り場の人出を数字にはっきりあらわすものだけに関心のまと。ことに銀座四丁目と渋谷駅前はここ三年、一、二位をせりあってきた間柄だけに、ことしはどちらが、"人出ナンバー・ワン"の栄冠をうるか、話題になっている。」


銀座も渋谷も、あれだけ人出があれば商売する側もホクホクだと思うのですが、『全国一位』という看板がほしいというところでしょうか。渋谷は、ついこの間まで単なる電車乗換駅だったのに、あっという間に繁華街になってしまいました。
| - | 17:28 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
若かりし頃のマルコス大統領は、颯爽としてカッコよかったんですが、どこで間違ったんでしょうか...。しかし、マルコス大統領の放逐が1986年だから、既に20年もたってしまったんですな。
| 産業ロック製作所長 | 2006/10/21 5:40 PM |










http://at-the-moment.sangyo-rock.com/trackback/113932