RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

At the Moment

昭和40年代への誘い 〜〜〜 産業ロック製作所謹製
<< そして長寿は続く... | main | ソ連も自民も途中退席 >>
デビ夫人ご懐妊 いよいよカローラ発表へ
 スカルノ大統領の威信が低下しつつあるので、気になっていたデビ婦人についてのニュースがありました。

「デビ夫人が姙娠四カ月 お産は東京で」
(毎日新聞昭和41年10月1日夕刊10面)

「【ジャカルタ三十日AP=共同】インドネシアのスカルノ大統領夫人、デビさん(二六)が姙娠四カ月であることがわかった。権威筋によると、デビさんは、出産の前に東京に里帰りするという。予定日は来年二月ないし三月上旬とみられる。スカルノ大統領は、すでにデビさん以外の二人の夫人との間に四男三女がある。」

今のところはインドネシアにいらっしゃるようですね。しかし、昨年の9.30事件以降、スカルノ氏は軟禁状態にあったと思うのですが、姙娠四カ月ですか、そうですか...。



新聞斜め読み


「劉主席、三位で登壇 中共の国慶節式典 北京 三○○万人が参加」
(毎日新聞昭和41年10月1日夕刊1面)


「【北京一日高田特派員】中華人民共和国の成立十七周年を祝う国慶節式典は一日午前十時(日本時間同十一時)から首都北京の天安門広場で始められた。文化大革命の高まりの中で迎えた国慶節とあって、参加者は全国からはせ参じた百五十万の紅衛兵を含めて約三百万人というかつてない大規模な者である。式典は毛沢東中国共産党主席を筆頭とする党と国家の指導者が天安門楼上に姿を見せたあと、林彪国防省の開会演説、労働者、農民、兵士および紅衛兵の代表が演説、このあと約五時間にわたる大祝賀パレードが秋空のもと、天安門広場に盛大に展開された。天安門楼上には、その地位を注目されている劉少奇国家主席も姿を見せ、実況放送では毛沢東、林彪についで三番目に名前をあげられた。また今次文化大革命と紅衛兵運動を通じてのし上がった陶鋳以下の新指導陣が上位に名を連ねた。一方、林彪国防相の率いる解放軍が七年ぶりに式典に参加したのも目をひいた。」


気になったのは、参加人数に関する報道。毎日では300万人ですが、朝日は150万人、読売は200万人、日経は150万人の見出し。ま、100万人を越えるとそれ以上は見当がつかないので、どうでもいいと言えばどうでもいい数字ではありますが、それにしても最高の数字と最低の数字の差が150万。政令指定都市が3つ作れますな。



「ナチ戦犯二人釈放」
(読売新聞昭和41年10月1日夕刊2面)


「【ベルリン三十日発=AP】西ベルリンのシュパンダウ戦犯刑務所から三十日深夜、ナチ戦犯のバルドウル・フォン・シーラッハ元ヒトラー・ユーゲント指導者(五九)アルベルト・シュペーア元軍需相(六一)の二人が釈放された。二人は二十年間の刑期を終わったもので同刑務所に残っている戦犯はルドルフ・ヘス元副総統(七三)一人だけである。」


二十年の刑期終了ということですが、第二次大戦終結からもう二十年たったということなんですね。ヘスは終身刑だから、出獄できる可能性のある人は全て出獄した勘定になります。



「混戦か 乗用車業界"秋の陣" 火花散らす大衆車」
(毎日新聞昭和41年10月1日朝刊6面)


「トヨタの「カローラ」は二十六日から始まるモーターショーの直前に発表される予定だが、トヨタでは「MG、プジョーなど欧州車に比べても性能はすぐれている」(神谷正太郎トヨタ自販社長)というほどの自身を示しており、大衆車の"決定版"として同社の中心車種とする構えである。(中略)
 しかし、この分野では、すでに日産サニー、三菱コルト、東洋工業ファミリア、富士重工スバル、ダイハツ・ベルリーナ、鈴木フロンテと、各車のファミリーカーが目白押しの状態だ。そこへ業界トップのトヨタが強大な販売力で切り込めば、シュア(市場占拠率)争いが一段と激しくなることは明らか。しかも大衆車合戦での勝負が業界再編成への道につながるとあって、各社とも防戦に必死となっている。」


いよいよ本命トヨタが小型車に本格進出のようです。対抗馬の日産サニーは既に今年の4月に発売されていますが、果たしてカローラはサニーを追い抜くことができるんでしょうか。



「救出の娘さん死ぬ 足和田」
(読売新聞昭和41年10月1日朝刊15面)


「【足和田】山津波のため大災害を受けた山梨県南都留郡足和田村西湖地区で、さる二十七日午前十一時ごろ、五十八時間ぶりに救出され、同郡河口湖町の岳麓赤十字病院に収容されていた三浦ふじ江さん(一九)は、医師の手当てのかいもなく、三十日午後三時二十分ごろ息を引き取った。」


救出された際に傷が重いようだったので心配されていたのですが、残念な結果になってしまいました。



「"金返す"と二万五千円 押し倒してねじ込む 有楽町で若い男 運転手さんキョトン」
(読売新聞昭和41年10月1日朝刊15面)


「三十日午後八時五十分ごろ、東京都千代田区有楽町二の三、丸の内松竹劇場前の道路で、第一勧銀築地支店運転手福島昭夫さん(三七)が乗用車をとめていたところ、歩道を歩いてきた若い男がいきなり車のドアをあけて「君に金を借りていたから返す」と折った札を福島さんにさし出した。おどろいた福島さんが顔をみるとまったく見おぼえがない男。「ぼくは知らない」と答えると、男は「なにをいうんだ。バカヤロウ」とどなりつけ、福島さんのえり首をつかんで車のシートに押し倒し、えり首に札を押し込んで立ち去った。
 福島さんが調べてみると、一万円札二枚、五千円札一枚の計二万五千円。男を追いかけて返そうとしたが姿がみえず、丸の内署に届け出た。」


福島さんは集金途中だったので、はじめは強盗かと思って身構えたとのことですが、逆に金を押しつけられてしまいました。しかし、流石銀行員だけあって、ちゃんと警察に届けるところがエライ。



今日の殺伐




「幼女をねらう"通り魔" 白昼、品川で二人切る 先月から三件目 犯人は同じ中年男?」
(読売新聞昭和41年10月1日朝刊15面)


「三十日午後三時二十五分ごろ、品川区西品川、生け花教授の長女H子ちゃん(五つ)が妹(二つ)を連れておやつを買いに家から出たところ、ぶらぶら歩いてきた中年の男に「ちょっと」と呼び止められていきなり後ろから抱きかかえられた。H子ちゃんがこわくなって「いやだッ」ともがいているうちに、男は刃物でH子ちゃんの下腹部二か所を切りつけ、歩いて田園都市線大井町駅の方へ逃げた。
 約四十五分後、こんどはH子ちゃんの家から約七百メートル離れた同区二葉町の路地裏で同町ネジ製造業の長女Y子ちゃん(五つ)が、近所の男の子四人と遊んでいると、ふらっと路地にはいってきた中年の男にいきなり刃物で下腹部二か所を切りつけられた。いっしょに遊んでいた友だちがびっくりしているスキに、男は路地から表通りに出て姿を消した。二人ともそれぞれ近くの病院で手当てを受けたが十日間のケガ。」


子供を対象とした性犯罪者のようですね。無防備な幼女を狙うような卑劣な犯行は本当に無くなって欲しいものです。



「酔って先生に暴行 愛知で高校生 職員室に監禁して」
(毎日新聞昭和41年10月1日夕刊11面)


「【新城】県立新城高校幸手分校で、生徒らが先生を監禁、暴行した事件があり、新城署で捜査を始めた。
 調べによると、九月二十九日、同分校で体育祭が開かれ三十日午後六時からその反省で職員会議を開いていたところ、同十時ごろ、三年生ら九人の男子生徒が酒に酔い、自転車のチェーンやスパナを持って職員室に押しかけ、十三人(うち女四人)の先生を監禁して「ばかやろう」とののしったり暴行を加えた。
 同校の話では、生徒たちは二十九日の体育祭でプログラムにない騎馬戦をやろうとしたところ、先生が許可しなかったこと、また六月二十一日、一人がバイクを無免許運転し事故を起こしてけん責処分になった処置がひどすぎると腹をたててやったらしい。」


バイク無免許で事故を起こしてけん責なら、十分甘い措置だと思うんですが、それが不満だったんでしょうか。



「長唄師匠殺される 大塚 面識者? 縛って刺す」
(毎日新聞昭和41年10月1日夕刊11面)


「一日午前八時四十分ごろ、文京区大塚、斎藤アパート一階四号室、長唄師匠、室井誠一さん(二二) =芸名・杵屋六誠一=が部屋で殺されているのを、主婦、山口英子さん(四七)が発見、大塚署に届け出た。(中略)
 室井さんは全裸で、両手を細ヒモで後ろに縛られ、ふとんの上にうつ伏せに倒れていた。背中や大たい部などを刃物で約四十カ所刺した跡があり、頭に夏がけタオルがすっぽりかけてあった。室内に物色の跡はない。(中略)
 同アパートは三十六年四月から借りていたが、家族は部屋を借りていたのを知らなかった。アパートの近くの人の話だと室井さんの部屋の軒下に女物の下着が干してあったこともあるという。」


『家族は部屋を借りていたのを知らなかった。』ということは、浮気のための部屋だったのでしょうか。とすると、痴情の末の犯行か?
| - | 21:21 | comments(1) | trackbacks(1) | pookmark |
今日の記事で注目したのは、「幼女をねらう"通り魔"」。

いわゆる「ロリコン」というものが社会的な病理の一つとして一般に認知されたのは、ここ10年前後だと思います。

 確かに、幼児に異常な性欲を覚え、犯罪を犯すということが社会病理の一つであるということには納得できるのですが、時折この手の議論で、「現代日本に特有な病理だ」という主張がなされることには違和感を覚えます。この種の犯罪は最近、急に出現したものではなくて、かねてより存在していたものなのです。その例として、この事件を抜き書きしてみました。
| 産業ロック製作所長 | 2006/10/21 9:39 PM |










http://at-the-moment.sangyo-rock.com/trackback/114619
カローラが世界共通に@自動車ニュース
こんにちわ。ニュースが知りたい皆様へ@ニュース発信基地のニューサーです。 トヨタ自動車が2004年から中国で...
| テキストリンク ニュースが知りたい皆様へ@ニュース発信基地 | 2006/11/23 3:39 PM |