RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

At the Moment

昭和40年代への誘い 〜〜〜 産業ロック製作所謹製
<< バナナの秘密 | main | 親友を元気づけようとして殺人 >>
密航中学生、太平洋上で発見
 ニュージーランドを訪問予定のジョンソン米大統領ですが、なんと歓迎用の星条旗が払底しているとか。

「"星条旗ヤーイ"」
(毎日新聞昭和41年10月19日朝刊3面)


「十九日ジョンソン米大統領を迎えるニュージーランドでは米国旗がほとんどなく、国旗なしの歓迎となりそうだ。大あわての米大使館は八方手を尽くしてはいるが、ニュージーランドは繊維製品の輸入を制限しているうえ、衣料向上はフル操業とあって布製の旗を急いで調達するのは完全に不可能。また紙製の旗も目下印刷業界がスト中とあってお手上げだ。大使館は「捜し出せたとしてもせいぜい一ダースだ」とニュージーランドでの調達をあきらめ、米国からの空輸も考えたが、これも時間的に間に合わないとあってすっかりあきらめの表情」

日の丸だったら、白い布と、丸くくり貫いた台紙と、赤スプレーがあれば、一発でできるけど、星条旗はちと無理でしょうね。




新聞斜め読み




「共産圏首脳会議開く ベトナム解決に圧力 米へ逆平和攻勢かける」
(毎日新聞昭和41年10月19日朝刊3面)


「【モスクワ十八日ロイター=共同】ソ連など九ヵ国の共産圏首脳は十八日、中共およびベトナム問題に関する会議を開始した。この会議はきびしい報道管制の下で行なわれており、九ヵ国の首脳が個別的に会談しているのか、一堂に会しているのかは確認できないが、ソ連筋は会議が終わるまで、おそらくは十九日まで報道管制が続けられようと述べている。この会議にはソ連、東欧六ヵ国の党首脳、首相、国防省のほかキューバのドルチコス大統領、モンゴルのツェデンパル首相が参加している。会議は十八、九の両日続けられるとみられ、全参加者は二十日にソ連南部で予定されている宇宙ロケットまたは軍事用ロケットの発射を見学するものとみられる。
 【モスクワ十八日平野特派員】クレムリンが十七日緊急招集した共産圏首脳会議は、昨年十一月、中共の参加拒否でつぶれたポーランド提案のベトナム支援国共産党会議の強行開催であるという見方が当地では強まっている。しかしこんどの首脳海外は中共を除いたベトナム統一行動を検討するにとどまらないだろう。ソ連を中心とする東側諸国は、最近ジョンソン米政権が欧州、アジアで積極的に展開している外交、軍事攻勢に対抗して、同じく世界的な規模での外交、軍事両面の大攻勢を打ち出そうとしていることは確実である。恐らくブレジネフ=コスイギン政権下ではかつてない重要な東側陣営の首脳会議になるだろうと観測されている。」


着々と共産側の体制固めを続けるブレジネフ氏。毛主席の次の一手は如何?




「首脳演説もなく解散 あっけなかった北京の紅衛兵集会」
(毎日新聞昭和41年10月19日朝刊3面)


「【北京十八日高田特派員】北京の第四回紅衛兵集会はあっけないほど簡単に終わった。十八日午後零時十五分(日本時間午後一時十五分)天安門広場一帯に"東方紅"の音楽が流れ、毛沢東党主席以下の中共指導者がオープンカー三台に分乗して広場に現われた。サイドカー、ジープなど二十数台の先駆車をたてて、前夜から広場に集結していた紅衛兵の隊列をぬって行進し、そのまま長安街を東に向かい、飛行場近くまで十数キロの道の両側にこれまた午前三時ごろから待機していた紅衛兵の歓呼にこたえながら行進を続けた。
 何人かの紅衛兵の話を総合すると、先頭のオープンカーには毛沢東党主席、林彪国防相、周恩来首相、朱徳人民代表大会常務委員長(国会議長)三番目の車に劉少奇国家主席、トウ小平党総書記がいずれも軍服姿で乗っていたようだが、予想以上に早いスピードであったため正確なことはわからない。」


毎日の報道だと、車であっさりと通り過ぎただけだったと否定的な報道ですが、なぜか日経ではオープンカー方式が気に入られたようです。


「毛主席、車でパレード 紅衛兵大会 劉氏も三台目に」
(日本経済新聞昭和41年10月19日朝刊2面)


「【北京十八日=鮫島特派員】毛沢東主席、林彪副主席、周恩来首相らの中共首脳は十八日昼過ぎ、北京天安門広場やこれにつながる長安街を三台のオープンカーに分乗してパレードし、百数十万人にのぼる紅衛兵の歓呼にこたえた。
 過去四回の集会が天安門前広場だけで行なわれたのにひきかえ、今回は天安門広場だけでなく長安街から北京空港に通じる道路に延延十キロ以上にわたって紅衛兵をすわり込ませ、この中をパレードするという形をとったのははじめてで、国家指導者と大衆との接触方法に新機軸を開いたともいえる。
 この日も天安門広場の周辺や長安街は多数の人民解放軍で警備を固め、外人記者は近寄れなかったため、オープンカーでパレードした指導者の顔ぶれは正式の発表を待つまで明らかではない。」


『新機軸』ったって、ケネディ米大統領が暗殺されたのは同様にオープンカーでパレードしてたからじゃ?


「外国船内に密航三少年 太平洋上で発見」
(毎日新聞昭和41年10月19日朝刊15面)


「【横浜】十八日朝、横浜会場保安部と横浜市中区海岸通り三の九、横浜ビル内"オリエンタル・シッピング社"(海運会社)にはいった無線連絡によると、十七日夜、太平洋上を航行中の同社取扱いのリベリア貨客船"オリエンタル・ジェード号"の船内で、日本人少年三人をみつけた。三人は「横浜市西神奈川区(同市に該当区はない)雪見橋のナカムラミノル、ヤマザキアキラ、タカギハヤシ」と名乗っているという。同保安部は神奈川県警に連絡、家出少年などについて三人の身元を捜しているが、該当者がなく、偽名を使っているとみて、オ社に依頼して十八日夜、同船に問い合わせの電報を打った。」


同じ事件が朝日にも載っていました。


「また密航中学生三人 横浜から リベリア船で保護」
(朝日新聞昭和41年10月19日朝刊15面)


「【横浜】十五日夕横浜港を出て、十八日朝日本から二千三百キロの太平洋上をハワイのホノルルに向け航行中のアトランチック・ファーイースト・ライン社のリベリア貨客船オリエンタル・ジェード号から東京・千代田区有楽町一ノ一日活会館内の代理店にはいった連絡によると、同船内に十四歳の日本人少年三人が隠れているのを見つけ、保護した。
 昨年十一月にも同港からメキシコ向けのノルウェー貨物船で横浜市内の中学生五人が密航して大騒ぎになったことがある。
 横浜海上保安部が調べているが、三人は横浜市内の中学二年生らしく、同市西区の高木、山崎、中村と名乗っており、神奈川県警で手配したところ該当者がなく、偽名とわかった。
 同船には船客二十七人も乗っていることから、出港間際にこれらの船客にまぎれて乗込み船内に隠れていたらしい。出港直前、船の警備員が船内をあらためたとき、少年たちの姿はみつからなかったという。
 同船は香港―日本―ハワイ―米太平洋岸を結ぶ定期貨客船で、船客の中には日本人三人もおり、船の中国人事務長も日本語を話せるので心配はないといっている。」


偽名の住所が朝日と毎日で微妙に異なっていますが、偽名使っているところをみると、きっと住所も毎日報道のように、適当なウソでしょうね。毎日の夕刊では次のような続報が。


「豊島区の中学生か 密航少年」
(毎日新聞昭和41年10月19日夕刊7面)


「太平洋上を航行中のリベリア貨客船「オリエンタル・ジェード号で発見された密航日本人少年三人について、海上保安庁は身元の確認を急いでいたが十九日朝、東京豊島区立の中学から「本校三年生の三人ではないか」との連絡があった。」

それにしても、日本から2,300km離れたところで見つかるってのがロマンですな。ハワイで下ろされて、強制送還という手はずでしょうか。



「巨人、二年連続の日本一 日本シリーズ 南海と4勝2敗」
(読売新聞昭和41年10月19日夕刊1面)


「読売巨人軍は、昨年に続きプロ野球日本一となった。ことしのプロ野球日本シリーズは、舞台をふたたび巨人の本拠地後楽園球場に移して第六戦が行なわれ、巨人が南海を破って4勝2敗で優勝を決めた。これで八度対戦した巨人−南海のシリーズ通産成績は巨人の7勝、南海の1勝。巨人の連勝は二十六、七、八年と三連勝していらい十三年ぶりのことで、優勝は八度目。これはプロ野球最高記録である。川上監督は、三十六年監督就任いらいシリーズに四度出場し、全勝した。なお、最優秀選手は柴田選手が獲得した。」


おめでとうございます。これで日本シリーズ二連覇ですか。この強さはどこまで続くんでしょう。



「三輪車もろともひかれたのに 電車の下でカスリ傷」
(毎日新聞昭和41年10月19日朝刊15面)


「十八日午後、東京葛飾区の京成電鉄の踏切で、二歳の幼女が三輪車もろとも電車の下に巻き込まれた。三輪車はグシャグシャになったが、幼女は頭に軽いけがをしただけで奇跡的に軽いけがをしただけで奇跡的に助かった。(中略)
 みゆきちゃん(二つ)は同線上野発成田行き準急(四両編成)に巻き込まれた。電車はそのまま約二十メートル走って止まった。
 息をのんだ目撃者の耳に「痛いよー」という泣き声が二両目の電車の下から聞こえた。みゆきちゃんは頭から血を流し、電車の下に倒れていた。急いで近所の病院に運ばれたが、みゆきちゃんは後頭部の皮を四針縫うだけの軽いケガだった。
 本田署の調べによると、みゆきちゃんは三輪車の車輪を踏切の板のスキ間にはさんだため動けずにいたが、衝突寸前に三輪車から線路と線路の間にころげ落ち、うつぶせに倒れたため、電車はその上を通過してしまったものらしい。」

みゆきちゃん本人より、事故を目撃していた人のショックが大きそう。心臓の弱い人だったら、

  (1)電車が上を通過した瞬間 
  (2)「痛いよー」という声が聞こえた瞬間

のどっちでも不整脈が出ますよ。まあ、ともかく軽いケガで済んでなにより。



「東南アへ少女輸出 モグリ芸能社を摘発」
(毎日新聞昭和41年10月19日朝刊15面)


「警視庁少年二課は香港、タイの芸能社と結び、踊り子を送り込んでいたモグリ芸能社を内偵していたが、十八日までに東京新宿区内のO芸能社など三十ヵ所を職安法、児童福祉法違反の疑いで捜索、O芸能社員、S(二一)を同容疑で逮捕した。同課が東南アジアへの踊り子あっせんルートを摘発したのは初めて。
 調べによると、千田はこの春ごろ、都内のキャバレーで働く踊り子のA子さん(一八)とB子さん(二七)の二人に「海外旅行させてやる」と誘い、沖縄の芸能社に一ヵ月三百ドル(十万八千円)の契約であっせんしたのをはじめ、香港、タイの芸能社にも十数人をあっせん、契約料の三分の一を手数料として取っていた。
 O芸能社は、日本女性が海外で評判がよいことに目をつけ、国内のモグリ芸能社約四十社とシンジケートをつくり、東南アの芸能社と契約して過去一年間に、未成年者四十人を含め約百五十人の踊り子を東南ア各地に送り込んでいた。背後にはヤミドル決済、売春がひそんでいると同課はみている。


最初『東南 アヘ少女輸出』と読んで、『アヘ少女』ってなんじゃいな?と思ってしまいました。そうじゃありません。『東南ア(ジア) へ少女輸出』です。石井輝男監督の『女体桟橋』の世界ですねぇ。





今日の殺伐




「突然、母と姉刺す 無免許運転つかまり ノイローゼの少年」
(読売新聞昭和41年10月19日朝刊15面)


「十八日午後十時ごろ、東京都府中市の会社員Aさん(四八)方で長男のH(一八)が、いきなりAさんの妻(四二)と長女(二○)の二人に刃渡り七センチのくだものナイフを振り回し、二人の腹や背中、手などを刺し、重傷を負わせた。
 Hはそのまま窓ガラスを破って外にとび出し、近くの商工中金グラウンドの事務所にかけ込み、テレビを見物「こんなテレビがあるからいけないんだ」とこわそうとした。同署の宿直員があっけにとられているうちにHは同事務所のフロ場に逃げ込んだが、捜しにきた父親にみつけられた。
 府中署でHを精神障害の発作からきた犯行とみて保護し、調べているが、Hは今春高校を卒業後、二、三の大学受験に失敗、一週間ほど前、友人のバイクを無免許で乗り回し、警視庁第八交通機動隊の白バイにつかまり、二十四日出頭を求められていた。」


商工中金の守衛さんもビックリしたでしょうね。ともかく、こりゃ入院させるしかないですな。
| - | 12:29 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
中学生の密航事件に関して。

船旅には縁がないのでよく分からないのですが、そもそも船内にチケットを持っていない中学生が船中に入ることは、そんなに難しくないということなんですかね。40年たった今でも、やろうと思えばできる密航なんでしょうか。

| 産業ロック製作所長 | 2006/11/05 12:54 PM |










http://at-the-moment.sangyo-rock.com/trackback/161583